スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

脊髄すべり症とは

脊髄すべり症とは

「脊髄すべり症」、「腰椎すべり症」、「脊椎すべり症」・・・この3つは同じものです。

このページでは、なぜ同じ病気なのに3つの異なった名前があるのか、説明していきます。

まず、人間の背中には「背骨」がありますが、これを専門的には「脊椎」と呼びます。

「脊椎」は全部で24個あって、腰の部分の「脊椎」のことを「腰椎」と呼びます。

このことから、「脊椎すべり症」のことを「腰椎すべり症」と言い換えたりするのです。

また、「脊椎」の中は空洞になっていて、この空洞を通っているのが中枢神経です。そして、中枢神経のことを、別名「脊髄」と呼びます。

「腰椎(脊椎)すべり症」になると、すべった腰椎(脊椎)が「脊髄」を圧迫します。

その結果、腰、お尻、足などに痛みが走るのですが、このように、腰椎(脊椎)がすべると脊髄を圧迫するので、それで「腰椎(脊椎)すべり症」=「脊髄すべり症」ということになるわけです。

一般的には、「腰椎すべり症」と呼ぶことが多く、次に「脊椎すべり症」が多く使われています。

「脊髄すべり症」の名はあまり使われていません。

ただ、名前は違っても、上記のように、互いに関係していることはお分かりいただけたと思います。
スポンサーサイト
07 | 2017/08 | 09
Su Mo Tu We Th Fr Sa
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
プロフィール

a6945

Author:a6945
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
links
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
検索フォーム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。